tel:03-5608-5741

co-lab墨田亀沢について

co-lab」とは?

 

インディペンデントに活動するデザイナーや建築家、アーティストなどクリエイターと、研究者、起業家、企画職、士業などのクリエイティブワーカー専用のコラボレーション誘発型シェアード・スタジオです。一般的な企業組織型とフリーランサーといわれる個人型との中間的な領域である「集合型」のプラットフォームを目指しています。

様々なクリエイティブ分野のシナジーやピア効果による「集合知」を通じて、領域横断的で新しい表現や価値観、ビジネスを創出すべく活動中。2003年にスタートし、現在は総勢350名程のネットワークとなり、都内6拠点(渋谷キャスト、代官山、二子玉川、千駄ヶ谷、墨田亀沢、日本橋横山町)に展開しています。

すぐそばに印刷のある『仕事場』 co-lab墨田亀沢:re-printing

 

同じビルで印刷会社を経営している株式会社サンコーが運営しています。そのため、活版印刷機から、大型のインクジェットプリンター、オンデマンド印刷機、オフセット印刷機など、様々にプロ仕様の出力や加工のできる環境があります。

それに加え紙の仕入れから加工まで、幅広い関連業種のネットワークがあります。そして、何よりも質の高い印刷物を作る事にひたむきな技術屋さんが大勢います。

 

 

この場所が生まれたきっかけ

 

この印刷会社では当たり前の景色が、グラフィックに携わるクリエイターにとっては貴重なものだという事を、グラフィックデザイナーや写真家との会話から気づかされました。

「クライアントに提案するために、パネルに貼る印刷物を大判で出力したいけれど、どこに相談していいかわからず、出力センターで何時間も待って出力した。」「アナログ写真をスキャンしたいけれど、高性能なスキャナーを持っていない。」「紙や製本のことについて相談したいけど、誰に相談していいかわからない。」「写真が印刷物になると、思った通りの色で仕上がってこない。」など。

グラフィックにかかわるクリエイターに、印刷工場に近い場所で仕事をして貰ったら、さらには、工場の中で一緒に仕事をして貰ったら、クリエイティブ・ワークの質を高めることに貢献出来るんじゃないか。そんな想いが印刷工場直結のco-lab墨田亀沢:re-printingを始めようとしたきっかけでした。

 

 

East Tokyo だからできること

 

墨田区など東東京の下町エリアは、江戸時代から続くもの作りの町です。
ピーク時の1/3近くまで町工場の数は減ってはいますが、高い技術を持った工場がまだまだ沢山あります。でも、その技術は下請けとして磨かれたものが多く、時代に合わせた価値の転換が求められています。

もし、この技術にクリエイターの感性が加わったら、今までに無い化学変化を起こせるんじゃないか。もの作りが盛んなEAST TOKYO にあるシェアオフィスだからこそ、クリエイティブを軸とした新しいもの作りのあり方を創り出せる。そう考えています。

arizono

co-lab墨田亀沢:re-printing
チーフ・コミュニティ・ファシリテーター
有薗悦克(株式会社サンコー)