tel:03-5608-5741

カッティングプロッターご利用にあたり(紙パッケージ編)

co-factory

紙パッケージ編

データに基づいて厚紙をカットすることができます。

1.お申し込み

1週間前までに日時をご指定いただき、電話またはメールで予約してください。
ご予約日の3日前までにイラストレータデータをお送りください。

2.データのチェックおよびトンボの設定

パスの設定状況、レイヤーの構造等と確認したあとで、こちらで切り抜き用トンボを追加し、データを返却いたします。

cutting2-5
cutting2-6

3.印刷

カット用のトンボが入ったデータが届きましたら、トンボが入った状態で印刷してください。(お客様による作業)。このトンボをプロッターが読み取ってカットをして行きます。

4.予約当日

予約日時に、データと印刷物をお持ちいただき、切り抜き作業に入ります。

5.印刷した紙をプロッターにセットし、筋押し後、切り抜きます。

cutting2-7

6.抜き取り作業でパッケージ本体を取り出します。

7.パッケージ本体を組み立てます。(お客様による作業)

*データ入稿のご注意

カットできる用紙の最大寸法は430mm×590mmです。紙厚は0.5mmまでとなります。

データ作成は、アドビイラストレータCS6以下でお願いします。

フォントは全てアウトライン作成をお願いします。

必ず展開図のデータを作成してください。

余白は、天地、左右とも15mm以上必要です。(印刷用トンボは除く)

筋押し線、切り抜き線はレイヤーで分けて、必ず設定してください。

カッティングシート編は、こちら

*ご不明な点がありましたら、お問合せください。

*co-lab墨田亀沢では、印刷も承っております。
カッティングと印刷をご希望の方は、事前にご連絡ください。
なお、印刷料金は、別途承ります。