tel:03-5608-5741

【コーラボのコラボ!】⑥ 『洗える楽しむバブーシュ』

12月 24日 【コーラボのコラボ!】⑥ 『洗える楽しむバブーシュ』

co-lab墨田亀沢内で「姐さん」としてメンバーから慕われているプロダクトデザイナー、佐藤さんが企画開発した『洗える 楽しむ -babouche/sandals』。洗える機能がプラスされた東京産の豚革で仕立てた、ワンランク上のバブーシュです。日本の豚革はほとんどが東京産、そのうち90%が墨田区産なのだそう。豚革は、食肉用の豚から取れます。つまり、革を得るためだけに動物を傷つけることがないため、サスティナブルな素材として再認識されています。

NYbabocheヨコ
佐藤さんは、墨田区のメーカーがつくる「洗える革」に衝撃を受け、メーカーとの商品開発をスタートしました。毛穴が3つ一組で空いている豚革は通気性が良く、肌に近いところに使うのに向いています。更に洗えるという特徴を持つ革で、上質な室内履きをつくりたいと考えたそう。
アイディアやデザイン力を持つクリエイターと技術を持つメーカーが、一つのプロジェクトに向き合ったことで、上質な革製の洗えるバブーシュ・サンダルが完成。1足17,000円という高級品にもかかわらず、北米に商品展開され、海外の有名リゾートから大口のオーダーが入るなど、生産が追い付かないほどの人気商品となっています。

6-2

ここまでは、佐藤さんと墨田区の革メーカーさんとのコラボ。このバブーシュの高級感をさらに高めているのが、co-labメンバーの島谷志保さん(Stemky)がデザインしたロゴとタグ。実は、彼女はco-lab墨田亀沢のメンバーになる前に佐藤さんから依頼を受け、何度もイメージをすり合わせて作り上げたそう。海外進出も見すえ、英語が堪能なさくはんじょの天野さんが説明文の翻訳を手掛けるなど、co-labチームで仕上げたプロダクトになりました。

6-3

洗える楽しむバブーシュ

企画・製作/株式会社 nice bravo design 佐藤誉子さん
ロゴタイプ・タグのデザイン/Stemky 島谷志保さん
タグの英訳/さくはんじょ 天野咲耶さん

webサイト

http://flyingapartment.com/tanoshimu+araeru+babouche

https://stemky.myportfolio.com/8 (Stemky)

(岡島 梓)